20日目(1982年12月12日)

特記事項

  • 一日の最初に入管省お偉いさんの視察あり(2回目)
    割りと大切なイベントなので注意したい
  • EZICの重要な依頼その4が発生

有効なルール

  • 入国者はパスポートが必須
  • すべての書類は期限内でなければならない
  • アルストツカ国民はIDカード必携
  • 外国人は入国許可証が必須
  • 労働者は労働許可証が必須
  • 武器、密輸品を持ちこませるな
  • 外交官は特権証明が必須
  • 外国人は身分証明補足書が必須

イベント

1人目 Dimitri
私物(絵やペナント等)を掛けているとゴミ扱いされて警告(罰金)、公式の賞状を掛けていないと注意を受ける
受けた通告数に応じた新たな表彰楯をくれる。また知人のShae Piersovska*1が来たら必ず通すように言われる
  • 私物の警告はエンディングのトリガーでもあるが、罰金20クレジットとかなり痛い 
  • 賞状未掲示は注意のみで罰金なし
  • 彼がブースに到着するまでに整理すれば警告・注意を回避できる
3人目 EZICの使者
機密書類? 読んで返却すると毒殺用の包みを残して立ち去る
包みの取り扱いは慎重に 決して毒薬を素手で触らないように
毒薬を使用した場合、この日は強制終了となることにも注意
9人目 Khaled Istom
毒殺のターゲット EZICの重要な依頼その4
(毒殺する場合は、包みを開けて裏から”指”で押すこと。 パスポートのハンコで押し付けても良い)

新聞記事

日報

会話録

Dimitri
わざわざここに出向くのは早すぎたな。
この検問所の空気は吐き気がする。
(私物や賞状の違反があればそれに関する台詞)
評価が「優」の場合
仕事ぶりはいいから、まだいいが。
通告を1件も受けていないようだな。
今後もこの名誉ある職務を全うするように。
(「優」の賞状をもらえる)
評価が「良」の場合
受けた通告は〇件か。
これ以上ミスを犯すな。
(「良」の賞状をもらえる)
評価が「可」の場合
しかも仕事の出来もひどい。
受けた通告は〇件か。
自分の職務を、忘れたのではあるまいな。
代わりはいくらでもいる。
(「可」の賞状をもらえる)
 
(以下Shae Piersovskaについての会話)
 
 

19日目(1982年12月11日) ◀ ▶ 21日目(1982年12月13日)


*1 実際に登場するのはDay25

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-18 (月) 20:49:41 (128d)