Day1(1982年11月23日)

グレスティン国境検問所ついに開設!
6年ぶりに再開。入国管理省は平和を保てるか?

家族と再会

 

Day2(1982年11月24日)

グレスティン検問所 順調に始動!
入国規制緩和へ 外国人も許可

経済学者 景気上昇予測

 

Day3(1982年11月25日)

グレスティン検問所 テロ襲撃!
コレチア人運動家に容疑かかる

検問所 一時封鎖
警備強化 - 検査も厳重化

 

Day4(1982年11月26日)

闇市場取引 激増
入国管理のあまさを政府非難

検問所 拡大延期

 

Day5(1982年11月27日)

リバブリアの陸上スターに殺人容疑!

Vince Lestrade容疑者:その人物像

 

Day6(1982年11月28日)

就職難 さらに深刻化
移民によって国民の仕事が失われる

(5日目にVince Lestradeを拘束した場合)
Vince Lestrade容疑者グレスティンで逮捕!
陸上の覇者 ようやく反省の色

(5日目にVince Lestradeの入国を許可した場合)
Vince Lestrade容疑者アルストツカで目撃!

(5日目にVince Lestradeの入国を拒否した場合)
Vince Lestrade容疑者コレチアで逮捕!

 

Day7(1982年11月29日)

グレスティン国境検問所 再襲撃!
自爆テロ犯 警備すり抜ける

(6日目にDari Ludumを拘束した場合)
人身売買組織摘発!
グレスティン入国審査官、首謀者をみごと摘発

(入国の可否にかかわらず、6日目にDari Ludumを拘束しなかった場合)
グレスティンクラブダンサー遺体で発見!

 

Day8(1982年11月30日)

コレチア国元首 不満表明
不当な国境検問による権利侵害を訴える

 

Day9(1982年12月1日)

コレチア上級官、本国工作員と発覚

 

Day10(1982年12月2日)

(9日目にて偽の受取人に偽物の書類を渡した場合)
コレチア一斉捜索 - 自らを窮地へ
一連の失踪事件は偽証と発覚

(9日目にて偽の受取人に本物の書類を渡した場合)
コレチア一斉捜査 - 本国工作員一掃
勇敢な諜報員ら窮地へ

 

Day11(1982年12月3日)

アンテグリア国内の工作行為が発覚!

入国管理局に強盗!
影響は軽微 - 盗難被害は数点

Day12(1982年12月4日)

アルストツカの歴史
写真と文章で綴る - 徒然に

(11日目にMikhail Saratovの入国を許可した場合)
グレスティンで地下鉄停止
トンネル崩壊、破壊活動を示唆

 

Day13(1982年12月5日)

入管省に新局長就任
国境での厳重な規制を約束

新たな爆弾 犯警備をすり抜ける!
移民に対する検査の甘さか

 

Day14(1982年12月6日)

犯罪者の温床化
アルストツカに不信の声

アンテグリア告発者 リバプリアへ亡命ならず

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、13日目に自爆テロを受けてしまった場合)
グレスティン国境 繰り返される襲撃
自爆テロ日常化

 

Day15(1982年12月7日)

大躍進 脊椎手術に成功
アルストツカの専門技術でのみ可能

(14日目にStepheni Graireを入国させ、11日目あるいは12日目にEZICからの1000あるいは2000クレジットを受け取っている場合)
パラディズナ政府本部から職員退避!

(14日目にStepheni Graireを入国させ、11日目あるいは12日目にEZICからの送金を受け取っていない場合)
金融庁長官 行方不明!
速いペースで売りの動き、市場の不安定化

 

Day16(1982年12月8日)

各省庁で人員奪い合い

国境地域で統合・配置転換実施

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、15日目に自爆テロを受けてしまった場合)
グレスティン国境 繰り返される襲撃
自爆テロ日常化

 

Day17(1982年12月9日)

グレスティンで事件 警備体制の甘さ露呈
さらなる侵略行為も予測

アンテグリア告発者 合衆連邦に拒否される

 

Day18(1982年12月10日)

インポール 不当な貿易規制に不満表明

(17日目にジャーナリストの入国を拒否した場合)
アルストツカ 鉄壁の国境線
国際情報組織、入国ビザの偏りあばく

(17日目にジャーナリストの入国を許可した場合)

アルストツカ 脆弱な国境管理
合衆連邦の記者が手続きの緩さを暴露

 

Day19(1982年12月11日)

インポール 貿易制裁を開始!
アルストツカ輸入品を全面規制

 

Day20(1982年12月12日)

インポール制裁措置 解除!
なぜ急に? 何があったのか?

 

Day21(1982年12月13日)

アンテグリア告発者アルストツカ受け入れ

(20日目にKhaled Istomを毒殺した場合)
奇怪な毒物 数名が病院搬送!

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、20日目に自爆テロを受けてしまった場合)
グレスティン国境 繰り返される襲撃
自爆テロ日常化

 

Day22(1982年12月14日)

グレスティン検問所バイク襲撃!
グレスティンに集う過激派か

(21日目にAntegriaの告発者の入国を許可した場合)

アンテグリア告発者 入国直後に失踪

(21日目にAntegriaの告発者の入国を拒否した場合)

アンテグリア告発者 入国拒否 - 行方不明に

 

Day23(1982年12月15日)

ポリオウイルス 合衆連邦で再流行

隔離またはそれ以上のの対策必要か

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、22日目に自爆テロを受けてしまった場合)
グレスティン国境 繰り返される襲撃
自爆テロ日常化

 

Day24(1982年12月16日)

壁は保たれるか?
国境地域につのる不信の声

 

Day25(1982年12月17日)

合衆連邦 伝染病まん延の危機!
一時は抑止されたポリオウィルス逆襲

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、24日目に自爆テロを受けてしまった場合)
グレスティン国境 繰り返される襲撃
自爆テロ日常化

 

Day26(1982年12月18日)

衛星省 市民の安全確保に尽力
新政策、国境にて保障措置

 

Day27(1982年12月19日)

トップ会談開催へ
グレスティン国境問題未だ残る

計画的な国境突破事件!

 

Day28(1982年12月20日)

(27日目にKordon Kalloが自身のパスポートを持って入国した場合)
暫定的な合意
コレチア外交官 共通認識を確立

(27日目にEZICのエージェントがKordon Kalloのパスポートを持って入国した場合)
コレチア人、狂う
上級外交官の突飛な行動で交渉決裂

※ 27日目にKordon Kalloの入国を拒否した場合、この日は見出しの無い新聞となる

 

Day29(1982年12月21日)

連続幼児殺人犯、合衆連邦から脱獄逃亡!

 

Day30(1982年12月22日)

コレチアとの決議いまだ遠く
国境の街の領有権をめぐり対立続く

 

Day31(1982年12月23日)

不確かなグレスティン国境検問所の今後未定
国境公開は早過ぎたのか

(30日目に娘を殺された父親が入国した場合)
ジェニストラで血の惨事!
Simon Wens氏、遺体で発見 混乱生む

 
 

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-17 (日) 01:59:24 (160d)