29日目(1982年12月21日)

特記事項

  • 一日の最初に情報省特殊捜査官との会話

有効なルール

  • 入国者はパスポートが必須
  • すべての書類は期限内でなければならない
  • アルストツカ国民はIDカード必携
  • 労働者は労働許可証が必須
  • 武器、密輸品を持ちこませるな
  • 外交官は特権証明が必須
  • 亡命希望者は認可証が必須
  • 入国者はポリオワクチン証明書が必須
  • 入国者は入境許可証が必須
     
  • 全アルストツカ人のパスポートを押収せよ
    拘束前にパスポートを押収せよ

イベント

1人目 M.Vonel
情報省捜査官ふたたび
3人目 Jorji Costava
プレイヤーにオブリスタンへの逃亡を勧めてくる
規則違反なしだが、許可/拒否に関わらずパスポートを押しつけてくるので通告は免れない*1(もらう前に押収すると悲しまれる)
家族と逃亡を図るには、本日(Day29)からDay31終了までの間に以下の準備が必要
  • 人数分のオブリスタン国パスポートを押収(Day28までの押収分は無効)
  • 逃亡用資金の工面 一人頭25クレジット(パスポート上書き20&入国券5)、最大で6人分150クレジット
8人目
新聞で報道されていたSimon Wensに娘を殺された父親
★実績合衆連邦トークンのイベント

新聞記事

日報

会話録

 
 

28日目(1982年12月20日) ◀ ▶ 30日目(1982年12月22日)


*1 違法押収扱いになる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-01 (日) 19:43:58 (52d)