Day1(1982年11月23日)

グレスティン国境検問所ついに開設!

6年ぶりに再開。入国管理省は平和を保てるか?

 

家族と再会

 

Day2(1982年11月24日)

グレスティン検問所 順調に始動!

入国規制緩和へ 外国人も許可

 

経済学者 景気上昇予測

 

Day3(1982年11月25日)

グレスティン検問所 テロ襲撃!

コレチア人運動家に容疑かかる

 

検問所 一時封鎖

警備強化 - 検査も厳重化

 

Day4(1982年11月26日)

闇市場取引 激増

入国管理のあまさを政府非難

 

検問所 拡大延期

 

Day5(1982年11月27日)

リバブリアの陸上スターに殺人容疑!

 

Vince Lestrade容疑者:その人物像

 

Day6(1982年11月28日)

就職難 さらに深刻化

移民によって国民の仕事が失われる

 

(5日目にVince Lestradeを拘束した場合)

Vince Lestrade容疑者グレスティンで逮捕!

 

(5日目にVince Lestradeの入国を許可した場合)

Vince Lestrade容疑者アルストツカで目撃!

 

(5日目にVince Lestradeの入国を拒否した場合)

Vince Lestrade容疑者コレチアで逮捕!

 

Day7(1982年11月29日)

グレスティン国境検問所 再襲撃!

自爆テロ犯 警備すり抜ける

 

(6日目にDari Ludumを拘束した場合)

人身売買組織を撲滅!(翻訳)

 

(入国の可否にかかわらず、6日目にDari Ludumを拘束しなかった場合)

グレスティンクラブダンサー遺体で発見!

 

Day8(1982年11月30日)

コレチア国元首 不満表明

不当な国境検問による権利侵害を訴える

 

Day9(1982年12月1日)

English

Top-Level Kolechian Exposed as Arstotzkan Spy!

Missing From Post, Presumed Dead

翻訳

Kolechiaの幹部はArstotzkaのスパイだったと発覚!

突然の失踪、既に死亡か

 

Day10(1982年12月2日)

English

(If the inspector handed over the fake envelope to the imposter on day 9)

Kolechia Cleans House - Attacks Its Own!

Round Of Disappearances Blamed On Faulty Evidence

 

(If the inspector handed over the original envelope to the imposter on day 9)

Kolechia Cleans House - Eliminates Arstotzkan Spies

Heroic Agents Compromised

翻訳

(9日目にて偽の受取人に偽物の書類を渡した場合)

Kolechiaが家宅捜索 - 自国の首を絞める!

相次ぐ失踪について、誤った証拠に基づいて我が国を非難

 

(9日目にて偽の受取人に本物の書類を渡した場合)

Kolechiaが家宅捜索 - Arstotzkaのスパイを一掃

解決したエージェントは英雄扱いに

 

Day11(1982年12月3日)

English

Theft At Ministry Of Admission!

Limited Effects - Few Items Stolen

 

Antegria Domestic Spying Exposed!

Whistleblower On The Run

翻訳

入国管理局で盗難事件!

被害は軽微 - 数点の盗難にとどまる

 

Antegria国のスパイが発覚!

告発者は逃亡中

 

Day12(1982年12月4日)

English

The History of Arstotzka

In Pictures and Words - Mostly Words

 

(If the inspector let Mikhail Saratov through on day 11)

Grestin Metro Halted

Tunnel Cave-in, Hints At Sabotage

翻訳

Arstotzkaの歴史

写真と言葉で振り返る

 

(11日目にMikhail Saratovの入国を許可した場合)

Grestin地下鉄で事故

トンネル内部で発生、怠慢の可能性

 

Day13(1982年12月5日)

English

Another Bomber Slips Through!

Immigrant Screening Falls Short

 

M.O.A. Gets New Director

Stricter Protocols Promised at Border

翻訳

また自爆テロ犯がセキュリティを通過!

移民に対する検査の甘さか

 

入国管理局に新しい局長が就任

国境における手続きの強化を約束

 

Day14(1982年12月6日)

English

A Criminal's Safe Haven

Arstotzka Earns Dubious Reputation

 

Antegrian Whistleblower Denied Asylum In Republia

 

(If a randomly generated smuggler was approved for entry and committed suicide bombing on day 13)

Grestin Suffers Another Border Attack

翻訳

犯罪者の温床

Arstotzkaに悪い評判

 

Antegriaの告発者、Republiaに亡命を希望するも却下

 

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、13日目に自爆テロを受けてしまった場合)

Grestinでまた自爆テロ

 

Day15(1982年12月7日)

English

Breakthrough Spinal Surgery Perfected

Only Possible With Arstotzkan Expertise

 

(If Stepheni Graire is allowed to enter on day 14 and the inspector has accepted a 1000 or 2000-credit gift from EZIC on day 11 or 12)

Gov't Headquarters In Paradizna Evacuated!

Strange Gas Detected - Staff Safe, Records Missing

 

(If Stepheni Graire is allowed to enter on day 14 but the inspector has not accepted EZIC gifts)

Head Minister Of Finance Missing!

Markets React With Fast Selling, Instability

翻訳

完全な脊椎手術へ前進!

Arstotzkaの知識なしでは不可能

 

(14日目にStepheni Graireを入国させ、11日目あるいは12日目にEZICからの1000あるいは2000クレジットを受け取っている場合)

Paradiznaの政府本庁舎で緊急避難!

異常なガスを検知 - 職員は無事、記録が消失

 

(14日目にStepheni Graireを入国させ、11日目あるいは12日目にEZICからの送金を受け取っていない場合)

金融庁の長官が失踪!

市場は不安定化、売買に影響

 

Day16(1982年12月8日)

English

Ministries Fight Over Staff

Qualified Guards, Soldiers In Demand

 

Consolidation, Reassignment At Border

Still Safe With Smaller Detail?

 

(If a randomly generated smuggler was approved for entry and committed suicide bombing on day 15)

Grestin Suffers Another Border Attack

翻訳

当局は総力戦の構え

優れた兵士、警備兵を募集

 

国境付近で配置転換

警備が縮小、安全性に疑問

 

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、15日目に自爆テロを受けてしまった場合)

Grestinでまた自爆テロ

 

Day17(1982年12月9日)

English

Grestin Incident Highlights Security Risks

Further Breaches Predicted

 

Antegrian Whistleblower Turned Away From United Fed.

翻訳

Grestinでの事件が安全問題を浮き彫りに

大事件の前触れか

 

Antegriaの告発者、United Federationに追い返される

 

December 10th, 1982(18日目 1982年12月10日)

English

Impor Protests Unbalanced Trade Restrictions

Claims Arstotzka Unfarily Taxes Imporian Goods

 

(If a journalist was denied entry on day 17)

Arstotzka's Iron Border

Int. Media Reveals Entry Visa Bias

 

(If a journalist was allowed to enter on day 17)

Arstotzka's Frail Border

United Fed Reporter Exposes Lax Protocols

翻訳

Imporが貿易制限の不平等を批判

Imporの輸入品に対するArstotzkaの関税は不当だと主張

 

(17日目にジャーナリストの入国を拒否した場合)

Arstotzkaの鉄の国境

国際誌の記者が入国ビザの不平等を明かす

 

(17日目にジャーナリストの入国を許可した場合)

Arstotzkaの脆弱な国境

United Federationの記者が手続きの緩さを暴露

 

Day19(1982年12月11日)

English

Impor Begins Trade Sanctions!

Immediately Restricts All Imports From Arstotzka

翻訳

Imporが経済制裁を開始!

Arstotzkaからのすべての輸入品を即座に制限

 

Day20(1982年12月12日)

English

Impor Sanctions End!

Over So Fast? What Happened?

翻訳

Imporが経済制裁を終了!

あまりに早い終了、何があったのか?

 

Day21(1982年12月13日)

English

Antegrian Whistleblower Accepted By Arstotzka

Move Risks Angering Neighbors

 

(If Khaled Istom was poisoned on day 20)

Mysterious Poison Hospitalizes Several!

Unnamed Immigrant Smuggles Deadly Agent

 

(if a randomly generated smuggler was approved for entry and committed suicide bombing on day 20)

Grestin Suffers Another Border Attack

翻訳

Antegriaの告発者に対しArstotzkaが入国を許可

隣国との関係が心配される

 

(20日目にKhaled Istomを毒殺した場合)

謎の毒によって数人が病院に搬送される!

身元不明の移民が瀕死者を入国させたか

 

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、20日目に自爆テロを受けてしまった場合)

Grestinでまた自爆テロ

 

Day22(1982年12月14日)

English

Daring Bike Attack At Grestin Checkpoint!

Extremists Growing Bolder - Grestin Like Magnet

 

(If Antegrian whistleblower was allowed to enter on day 21)

Antegrian Whistleblower Arrives - Disappears Immediately

 

(If Antegrian whistleblower was not allowed to enter on day 21)

Antegrian Whistleblower Turned Away - Whereabouts Unknown

翻訳

Grestin国境検問所でバイクを用いた大胆な事件が発生!

過激派が勢力を拡大 - Gristinに集中

 

(21日目にAntegriaの告発者の入国を許可した場合)

Antegriaの告発者が到着 - すぐ行方不明に

 

(21日目にAntegriaの告発者の入国を拒否した場合)

Antegriaの告発者は入国せず - 消息は不明

 

Day23(1982年12月15日)

English

Polio Resurfaces In United Fed.

Isolated Diagnosis or Something More?

 

(If a randomly generated smuggler was approved for entry and committed suicide bombing on day 22)

Grestin Suffers Another Border Attack

Suicide Bombings Becoming Routine

翻訳

ポリオがUnited Federationで再流行

隔離政策か、他の対策か?

 

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、22日目に自爆テロを受けてしまった場合)

Grestinでまた自爆テロ

繰り返され続ける自爆テロ

 

Day24(1982年12月16日)

English

Can The Wall Hold?

Border Safety Continually Questioned

翻訳

壁は維持できるのか?

疑問視され続ける国境線の安全性

 

Day25(1982年12月17日)

English

Full-blown Epidemic Threatens United Fed!

Previously Under Control, Polio Back With Vengeance

 

(If a randomly generated smuggler was approved for entry and committed suicide bombing on day 24)

Grestin Suffers Another Border Attack

Suicide Bombings Becoming Routine

翻訳

United Federationで本格的に感染が拡大

抑制されていたポリオの脅威

 

(ランダム発生する密輸者を入国させてしまい、24日目に自爆テロを受けてしまった場合)

Grestinでまた自爆テロ

繰り返され続ける自爆テロ

 

Day26(1982年12月18日)

English

Ministry of Health Acts To Protect Citizens

New Policy, Safeguards At Borders

翻訳

保健省が市民の保護のため行動

新しい方針、国境に防衛線

 

Day27(1982年12月19日)

English

Coordinated Border Breach!

Unknown Assailants Swamp Security

 

Top-Level Talks Called

Grestin Territory Remains Dividing Issue

翻訳

連携した国境侵犯が発生!

謎の攻撃者がセキュリティを妨害

 

トップ会談の開催

Grestinの分割統治について話題に

 

Day28(1982年12月20日)

English

(If Kordon Kallo was allowed to enter with his passport on day 27)

A Tentative Understanding

Kolechian Talks Establish Common Ground

 

(If an EZIC agent was allowed to enter with Kordon Kallo's passport on day 27)

Kolechian Are Crazy

Bizarre Behavior From Top Negotiator Spoils Talks

翻訳

(27日目にKordon Kalloが自身のパスポートを持って入国した場合)

相互理解へ一歩前進

Kolechiaの代表者が公の場で発言

 

(27日目にEZICのエージェントがKordon Kalloのパスポートを持って入国した場合)

Kolechia人は異常だ

なんと代表者が発言の機会を無断欠席

 
 

※ 27日目にKordon Kalloの入国を拒否した場合、この日は見出しの無い新聞となる

 

Day29(1982年12月21日)

English

Serial Child Killer Escapes United Fed Prison!

Simon Wens: An Arstotzkan Native – Returning Home?

翻訳

連続児童殺人犯、United Federationで脱獄!

Simon Wens:脱獄囚はArstotzka国籍 - 帰国の可能性

 

Day30(1982年12月22日)

English

Roadblock to Kolechian Resolution

Contested City Drives Wedge

翻訳

Kolechiaの決議に障害

街の領有権が対立の争点

 

Day31(1982年12月23日)

English

Grestin Checkpoint Future Uncertain

Too Open, Too Soon?

 

(if the vengeful father was admitted into Arstotzka on day 30)

Bloody Scene In Gennistora!

Simon Wens Found Dead In Confusing Mess

翻訳

不確かなGrestin国境検問所の将来

存続か、閉鎖か?

 

(30日目に娘を殺された父親が入国した場合)

Gennistoraで流血事件!

Simon Wensが死体で発見、酷い損壊

 
 

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-25 (金) 15:26:02 (1240d)